何が本当!?Googleアドセンスはじめる前の注意点

      2016/12/20

注意:Googleドセンス登録に関して古い情報が溢れています。最新の情報を調べ、申請への準備をしていくことが重要です。この記事は2016年12月の最新版で説明していきます。

 先日、Googleアドセンス【Google Adsense】の登録一次審査を申請して、広告を早く貼りたいなぁとわくわくしながら、期間はどれくらいかかるのだろうかといろいろ調べてみて気付きました。検索結果上位の内容が必ずしも正しくはない事を。筆者の調べ方が間違っていたと言われれば否定はできませんが、初めて申請するという方には判断が難しく、古い情報を信じて申請し、不合格になればそれだけで2週間〜数ヶ月が無駄に終わるということになりかねません。是非注意して頂きたいのでこの記事をかきました。

Sponsored Link

情報収集

 まず検索したワード、「アドセンス+やり方」この検索結果で上位にきたサイト複数を片っ端から読み漁りました。

上位にくるだけあって見た事のあるサイトでみなさん優良サイトではありますが、内部リンクも充実しているため「はじめる前の注意点」のような項目にもすぐに飛べ、そこの情報を鵜呑みにしてしまったのです。検索ワードが良くなかった、情報の日付を確認しなかったのが悪いとはいえ、上位に表示されるサイトの注意点、推奨内容が古く現在推奨されている内容と大きく違ってしまったのです。

 推奨記事数推奨文字数/1記事推奨記事内容備考
サイトA10500日記内部外部リンクおかない
サイトB20500〜1000日記
サイトC20〜301000有用な記事
サイトD1000無難なものリンク画像なし
サイトE500日記

ご覧の通り「アドセンス+やり方」での検索上位サイトが示すGoogleアドセンス申請基準の推奨目安があまり厳しくないのがお分かりかと思います。今度は「アドセンス+審査」で検索してみます。

 推奨記事数推奨文字数/1記事推奨記事内容備考
サイトA101000有用な記事
サイトB101000リンク画像なし
サイトC301000特化記事
サイトD10〜251000特化記事
サイトE301000特化記事

かなり内容が変わってきました。より審査が厳しくなり皆さん詳しく説明されています。筆者は「アドセンス+やり方」の検索結果のみで判断してしまったため、審査に落ちる事ないだろうと10記事程度で申請してしまいました。内容に関しては日記等推奨されていましたが、広告主側から見て当たり障りない記事よりも、有用な記事の方がいいだろうとあえて申請用ブログを作らず申請をしました。

今でも検索上位表示されるサイトで書かれている場合がありますが、以下の事は全部正確ではありません。

    • 画像やリンクは入れないように?←×
    • 無難な日記系のブログが通りやすい?←×
    • 最低10ページ以上必要?←×

以前は、アドセンスポリシーに触れる危険のあるものは排除して当たり障りのないブログを用意することが推奨されていましたが、2016年に入り、独自ドメイン以外での登録は出来なくなり、より審査が厳格化されたことにより、ウェブ上のどの情報が正しいのか、何を信じればいいか初心者には判断する事が難しくなって来てしまっています。

実際にはどれぐらいの内容にすればよいか?

 Googleアドセンスの審査基準はいくつかありますが、記事内容、記事数、文字数、は明確な数字は公表されていません。まずはガイドラインを参照ください。理解するにはこれが一番の近道です。

AdSenseプログラムポリシー

Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

Google AdSenseコンテンツポリシー(禁止コンテンツ)

前提として、ユーザーにとって有益な内容でなければなりません。自分が広告主になったと仮定して、そのブログに広告を出すメリットがあるのかどうかを考えてみて下さい。

warning-before-signup-adsense

それを踏まえた上で、ただの日記や写真リンクなし、内容が薄いなどは現状の審査が通るはずがないのです。閲覧者の役に立つ内容でなければなりません。一概には言えませんがあえて目安をあげるとすれば

  • 30記事以上(審査中も記事を書き続ける。更新頻度も審査対象)
  • 1000文字以上/記事
  • ユーザーに有益な記事
  • 見やすくするためリンクや写真はあった方がよい(ポイントサイト、アフィリエイト、写真の著作権には注意が必要)

あくまでも目安なのでこれで審査が通るという訳ではありません。これが2016年12月現在、いろいろなブログで推奨されている平均的な数値、内容です。

私は古い情報を信じてしまい10記事で申請をして、審査中も毎日記事を更新して2週間以上かかったので、合格時は25〜6記事になっていました。記事数等の数字が明確にされていないため、これで受かる!とは言えませんが私の場合という参考になれば幸いです。

まとめ

 検索上位に表示されているからといって、全てを鵜呑みにせずに古い情報ではなく最新の情報を調べ、申請への準備をしていくことが重要です。今回は記事内容がどの程度ならよいのかの目安としてのまとめになりますが、次は実際にどのように準備をして登録していくかをまとめていきます。

▶️初心者のGoogleアドセンスのはじめ方(登録申請方法)一次審査編

 - Google Adsense