SEO、SEMとは?初心者用SEO、SEM対策基礎知識

      2017/02/16

こんにちは、Mugcupです。
 
 現代の日本社会は専門用語が溢れています。日本語で言える内容でもわざわざ英語で言う人も増えています。筆者はそれなりに英語がわかるので「それも英語にしちゃうのかぁ」と違和感を感じる事も増えてきました。
 

 さて、今回はそういうわざわざ英語に〜ではなくしっかりとした専門用語でブログ、アフィリエイトを勉強していくと必ず出てくる言葉「SEO」。話の流れで何となくは分かるんだけどって思う方もいるかもしれませんが、今回は一から説明して行きますので一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

意味:SEOとは

【SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化】
検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。
 
【PPC(Pay Per Click)】ペイ・パー・クリック/リスティング広告】
検索結果上部または右側に表示される広告。クリックされるごとに支払う(広告費が発生する)仕組みのこと。
それらを利用したマーケティングを
 
【SEM(Search Engine Marketing)検索エンジンマーケティング】
と呼びます。
 
図にしてみました。下を見ていただければ初心者でも一発で分かると思います
 
seo_sem_ppc

SEOを実施する目的

 
 SEOを実施する目的とは、簡単に言えば検索結果を通じてビジネスを成長させることです。
 
正しいSEOは、「設計」「技術」「マーケティング」などあらゆる側面からサイトを改善することを通じて、Webサイトが検索結果でより多くの露出を得ることを実現します。
 
最近ではSNSからの集客が増えてきて以前よりも検索からの流れの割合は減ってはいますが、この「検索」は人を呼び込む為の一番重要なツールであることは変わりません。
 
アフィリエイトをやる以上SEO対策をしっかりして集客力、より多くの人にサイトに来てもらう事がかなり重要になってくるのがお分かりかと思います。
 

SEO対策とは?

 
日本の検索サイトメインはYahooとGoogleです。
よって、この2つで対策ができていればとりあえずはOKとなります。
実は、Yahooの検索エンジンはGoogleのものを借りいるので、GoogleのSEO対策が出来ていればYahooも対策できたことになります。ただしYahooは、Yahooの保持しているコンテンツや提携先の情報などの独自の検索結果を差し込むので、それは理解しておく必要があります。
代表的なものはNEVERまとめ、Yahooショッピング、Yahoo知恵袋、Yahooオークション、Yahooニュース等にあたります。
 
サーチエンジン シェアによる、2016年11月27日時点のデータ
1位2位3位4位
yahoo
2,617
59.33%
google
1,379
31.26%
docomo
234
5.30%
msn
142
3.22%
 
yahooとgoogleで90%を占めています
すごいですね。そうです。SEO対策=google対策なのです。
ではgoogle対策とは何でしょうか?こちらをご覧下さい(下記リンクで詳細が見れます)
 

Google が掲げる 10 の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。
こちらをみていただければお分かりの通りユーザー目線での運営を理念に掲げています。
もうすこし噛み砕いて言うとすれば
  • 良質なコンテンツを検索結果でユーザーに提供する
これがもっとも重要な対策になっていきます。
 
ではそれはどうすればいいの?ってことになりますがもっと噛み砕いていきましょう。
 
 何か調べものをしようと検索かけることはよくありますよね?検索結果の上位に表示されてるものが求めているものと違う事ありませんか?変な広告が上にきてたり、開いたら内容の薄いコンテンツだったり違うところに勝手に飛ばされたり。
 
ユーザーに焦点を絞るということはユーザーが欲しい情報を提供していく事であり、欲しい情報とは質が高く他の人からも評価をされるのです。「この記事参考になるよー」とリンクを貼ってもらう数が増えます。これが被リンクです。
 
 
新しいシステムであったり、良質コンテンツ、読み込みスピードが早い、PCだけでなくスマホやタブレットに適応しているか、等今までストレスに感じたりこうであったらいいのにという事が改善されよい方向に進んでいかなければならないという事です。(ユーザー無視の小手先やグレーな方法で検索順位を上げる事が出来なくなってきているということです)
 
 例えば、先日洋服を見に買い物へ出かけました。何気なく入ったお店で店員が強引な理由をつけてなんとか買わせようよ必死で接客してきます。納得出来る情報もなく上辺だけの売り文句を聞かされても説得されることはありませんでした。
 
「セール中」と書かれていても、お買い得なのかどうか、その値段に見合うものかは個人の判断になってきます。もう二度とあの店には入りたくないな、友人にもお勧め出来ないと感じました。
 
状況は違えど、似たような経験はどなたにもあるはずです。これはウェブの世界でも同じなのです。
 
訪れたサイトが広告ばかりで見辛く内容も薄い。お金ことしか考えてないなと感じた途端に嫌気がさしてしまうものです。
 
 誰かがあなたのサイトを訪れるとします。その理由は何か情報がほしかったのかもしれない、ただ何かに関連して来ただけかもしれないし、おもしろい、美しいなどの満足感や幸福感がほしかったのかもしれない。
 
理由は様々ですが、検索エンジンの結果がユーザーとマッチしてサイトを訪れた時に、問題の手助けや解決、満足感や幸福感を与えられるかどうかです。
 

精神論みたいでこういうの書くの嫌なのですが、親しい友人や知人家族などのような特定の人に向けているつもりで書きましょう。これはすごく大切なことです。

 ウェブ上は活字だけで対面する事が無いので忘れがちな事ですが、画面の先には見てくれる人がいる事を意識し、しっかり説明する、答えることが重要なのです。

まとめ

 日々変わりゆくSEO対策ですが、現時点では誰のためのコンテンツなのかを突き詰めて、小手先のものでなく良質なコンテンツを作っていく事が検索上位に表示させる近道です。SNS等の人の流れで以前よりブログ媒体は少なくなりましたがその分良質な情報をより求められ、ブログの重要度が増していくと思われます。
そしてSEO対策を実施することは、検索で人々を更に豊かにすることでもあると筆者は思います。
 
 今回は初心者のための基礎知識なので、何となくでもいいので「これがSEO対策って意味なんだな」と分かってもらえれば幸いです。次は具体的にSEO対策の方法を説明していきたいと思います。

 - SEO対策