【最新版】初心者でも分かるGoogleアナリティクスの登録と最低限の設定方法

      2017/02/17

ブログやサイトのアクセスを伸ばしたいと皆考えるでしょうが、しっかり自分のサイト情報を分析できてますか?分析をして戦略立ててブログを構築することは非常に重要なことです。

そこで今回は初心者にもわかるGoogleアナリティクスの導入方法から、使用するにあたり最低限設定しておいた方が良い点の説明、二つ目のサイトを作成した際のプロパティの追加設定まで詳しく説明していきたいと思います。

よく分からなくてもとりあえず導入して損はない、というよりサイト運営では必須ツールで使用するのも無料なので導入しておいてください。

Sponsored Link

Google Analyticsとは何か

分からない初心者の方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しておきます。

Googleが提供するアクセス解析ツールで、リアルタイムアクセスや、デバイス別アクセス、性別や年齢層、サイト内の行動などユーザーの行動分析を通じてより自サイトの情報を網羅する、ネットビジネスでは欠かせない必須ツール。

「サイト運営者なら知らない人はいない」というレベルなので、もしまだの方、これからの方は、この機に入れちゃって下さい。

Google Analyticsの登録方法

▶️Google Analyticsトップ

アナリティクストップをクリックして、右上「アカウントを作成」をクリックします。

Googleのアカウントにログインする必要があります。Gmailなどのアカウントがあれば、既にGoogleアカウントを所有している事になるので、パスワードを入力し、ログインしていきます。(まだアカウントがない場合はここで作成して下さい。)

「サイトトラフィック分析を3ステップで開始出来ます」を図説で説明してあり、その右側の「お申し込み」をクリックします。

次に新しいアカウントのトラッキング対象を選んでいきます。「ウェブサイト」「モバイルアプリ」があり、今回はウェブサイトという設定なのでこのまま進みます。

次に下にスクロールすると「アカウント設定」があります。

  • アカウント名:自分の名前や会社など分かる名前でOKです。
  • ウェブサイト名:アナリティクスで分析を行うサイト名
  • ウェブサイトURL:アナリティクスで分析を行うサイトURL
  • 業種:色々あるので、サイトに合うジャンル
  • レポートのタイムゾーン:日本の場合は下の方にスクロールするとあります

「データ共有設定」がありますが、基本はこのままでOKです。

ここまで来たら、「トラッキングIDを取得」をクリック。

利用規約がポップアップウィンドウで出てきます。国を日本に変更し、利用規約を確認後、同意する場合は左下部分をクリックします。

これでGoogleアナリティクス登録は完了です。

続いて、設定しておく事がありますので続けてみていきましょう。

トラッキングコードを設置し登録サイトをリンクさせる方法

登録しただけでは、サイトの正確な情報が得られません。トラッキングコード(トラッキングコードスペニット)をサイトに張り付けてメリットを最大限に活かせるようにしていきます。

ホームの右側あたりにある「管理」をクリックします。

すると今現在のアカウント内に先ほど登録時に入力したサイトがプロパティに書かれていると思います。

「トラッキング管理」をクリックするとトラッキングコードという項目があるのでそこをクリックして下さい。

すると、このようにトラッキングコードが表示されるので、こちらのコードをコピーします。

「トラッキングする全てのページに貼付ける」と書いてありますが、このコードがあると各ページビューがあった際にデータを収集してくれるようになります。WordPressの場合は一カ所にペーストすればOKですが、他のブログサービスではものにより全てに貼付けないと正確な情報は把握出来ないようです。

WordPressでは、テーマによって名称は違う場合がありますが、header.php ヘッダー部分にペーストしていきます。

可能であれば子テーマを編集した方が、アップデートした際に消えずに済みます。

WPカスタマイズは必ず子テーマで!作成方法全手順【図解】
 今回は、エックスサーバーで子テーマの作成手順に付いて説明していきます。 WordPressで子テ

とりあえず、</head>前にペーストしておけばOK。人によりどうしてもここに置けない等の場合もあるのでその場合はお好きな場所で。

トラッキング コードが正しく動作していることを確認する

先ほどの、設定画面からもしくはトップページからプロパティを選ぶと、ステータスが表示されて、「過去48時間にトラフィックデータを受信しています」と書いてあればOKです。

現在のアクティブユーザー数も確認できれば尚正常に動いている証拠です。

Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを解析から除外する方法

まだあるのかぁと思うかもしれませんが、より正確な情報を収集解析するには「自分のアクセスデータ」を除外するべきです。私もそうですが、サイトチェックなどで何度も訪問してしまうので除外する事をおすすめします。

設定自体は難しい事はありませんので、すぐ完了します。

自分のIPアドレスを調べる方法

▶️CMANトップ

こちらにアクセスすると自分のIPアドレスが表示されるのでこちらをコピー。

アカウントの「全てのフィルタ」をクリックします。

「フィルタを追加」をクリック。

ビューにフィルタを追加で上の写真のように記入していって下さい。すると、

「IPアドレスからのトラフィック」を選択すると「IPアドレス」というボックスが出てきますので、そこに先ほどコピーした自分のIPアドレスをコピーして入力して下さい。

ここで保存をクリックします。

以上で、基本の設定は終わりです。

新規ブログをアナリティクスに追加する方法

複数ブログを運営していくと、随時アナリティクスにも追加していくべきです。

基本的な流れは新規の場合は大差はありませんが、念のため説明しておきます。

「管理」「プロパティ」部分をクリックすると、ドロップメニューが出てくるので「新しいプロパティを作成」をクリックします。

トラッキング対象を選びます。

詳細を入力していきます。

トラッキングIDを取得。

トラッキングコードが出てくるので新規サイトにペーストしていきます。

WordPressの場合はheader.phpの</head>前にペーストしておけばOKです。画像が見たい方は、先ほどの登録方法詳細を参照下さい。

 - Webサービス, WordPress, ブログ関連