初心者Googleアドセンス 最適な広告位置、記事中挿入方法

      2017/01/11

 Googleアドセンスが審査が一通り終わり、広告の作成方法から注意点を確認が出来たら、次はタグなどを使って自動的に広告を挿入して手間を省き収益率を上げていく方法をまとめていきます。

広告の配置位置の最適な位置推奨される位置を考慮し、記事中に配置していきます。

これまでの流れを確認する場合はカテゴリーのGoogle Adsenseを確認ください。

Sponsored Link

広告を挿入する最適な位置

まず、はっきり書いておきます。

各サイトによって広告を貼る最適な位置は違います。

「アドセンス 広告 配置 位置」等で調べて頂ければ、すぐに分かると思いますが、意見は様々です。

それは何故かと言うと、サイト構成デザイン、サイト主要ジャンル、PCかスマホなどモバイル端末どちらがメインか等様々で一概には言えず、各サイトによって成果が違うからです。

最適と言われる配置をいくつか紹介しますので試してみて思考錯誤してみるのが良いでしょう。

配置例1

  • ブログのヘッダーに「728×90」
  • ブログのサイドバー下部に「160×600」
  • ブログのサイドバー上部に「300×250」

以前、GoogleがYoutubeに解説動画を載せていた事があり、その時おすすめされていた配置例です。ですが、Web事情が大きくかわり、サイドバーに配置する事をあまり勧めない方が多くなって来ています。またモバイル端末からのアクセスが多くなったため、PCの配置とモバイルの配置を別にしたりと、初心者には簡単には出来ないのが現状です。

そこで最近多く見られる配置がこちらです

配置例2

ユーザーが訪問し、まずはリード分(こんな内容の記事ですよ)というのを確認したあとの最初の見出し(H2)前に記事を挿入する。
ここで記事に興味がない場合の離脱場所として。

最後に記事を読み終わったあとの記事下に2個。(横並びもしくは縦並び)
関連記事など他に興味がなかった場合の離脱場所として。

私を含めこの配置を利用している方はかなり多いです。こうする事でモバイル端末から見た場合も広告が目に入るようになります。(記事下は広告を1つにする必要があります)

記事下の広告に関してはウィジェット挿入が可能なテーマが多いのでそちらで挿入していけばOKですが、ヘッダー2前に自動で広告を挿入する場合、対応していないテーマはコードを編集する必要があるのでその方法説明していきます。

WordPressでH2ヘッダー前に広告を自動挿入する方法

今回はfunctions.phpを編集していく方法です。

functions.phpはミスがあるとブログが真っ白になるなど状況になる場合があるので必ずバックアップを取っておきましょう。

WPカスタマイズは必ず子テーマで!作成方法全手順【図解】
 今回は、エックスサーバーで子テーマの作成手順に付いて説明していきます。 WordPressで子テ

functions.phpに下記コードをコピペする

寝ログさんがいくつか方法を紹介してくださってますが、私は下の記事がとても参考になり、コードをお借りしました。ありがとうございます。

▶️コピペ一発!WordPress本文中にウィジェットでアドセンス挿入するカスタマイズ方法

このコードをfunctions.phpの一番したあたりに貼付けるとウィジェットでH2前広告を自動で挿入できるようになります。

ウィジェットで広告が管理出来れば、広告の種類を変更したり、停止したり簡単だという理由からこの方法にしました。

ウィジェットで広告タグを入れる

外観→ウィジェットを開くと「投稿本文中」というウィジェットが追加されます。ここにテキストをドロップして、名前、広告コードをいれれば完成です。

簡単に説明しましたが、functions.phpにペーストが問題なくされれば、こちらが表示され、あとは今まで通りのWordpress操作と変わりありません。

まずは、以上を参考に配置してみて状況をみて自分にあった配置場所を探していきましょう。

最後に参考まで

広告を貼付ける場所などで検索していると、以下のような記事が出てきます。

「記事本文中に広告を貼付けるとGoogleから低品質コンテンツと評価されやすくなる」

リンクはあえて付けませんが、ちょっと詳しく調べてみました。

記事題名から話が逸れてしまうので、こちらは次の記事で詳しく触れていこうと思います。

最新版Google検索品質ガイドラインの低品質ページを解説するよ
Googleアドセンス、広告の最適な位置をを調べているうちに「記事本文中に広告を貼付けるとGoogl

 - Google Adsense