初心者用!Amazonアソシエイト広告を素敵に表示させる方法(AmazonJS使い方ガイド)

   

物販アフィリエイトについて記事を詳しく書いていますが、今回はAmazonの広告をきれいに表示、掲載させるため、Wordpressのプラグイン「Amazon JS」の使い方設定と、広告の貼り方まで、初心者でも分かるようにどこよりも優しく図説で、これでもか!ってくらい詳しく説明していきます。

登録画面に英語が出て来ますが、自信がない場合も安心して下さい。私は英語が話せるので必要箇所は全部説明します。

Photo credit: SpunkyGidget via Visualhunt / CC BY

Sponsored Link

Amazonアフィリエイトを始めるにあたり

今回の方法はAmazonと直接提携した上で使用するプラグインです。

通常のリンクの見え方

素敵じゃないですね。購買意欲をそそりません。

Amazon JSを使用したリンクの見え方

断然良く見えます。今回はこの方法についての解説になります。

他のASPを使用する方法もある

Amazonアフィリエイトをする方法は他にもあり、「もしもアフィリエイト」というASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を経由する事でAmazonと直接提携するよりもお得になる方法もありますので、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

詳しくは長くなりますが、興味がある方はこちらの記事をご確認ください。

【必読】もしもアフィリエイトを全員に勧めない本当の理由 物販アフィリをする前に
物販アフィリエイトで多数の方が利用する、「Amazon」と「楽天」。検索していると、あまりに安易で表

金銭的メリットはもしもアフィリエイトに歩があります。リンクもAmazon JS風に作れるのですが、値段表示が入れられないのは少しいただけないな、と常々思っているところです。

一ヶ月の収益が5000円を超えるつもりで、振込手数料も気にならないならリンクの見え方としてはAmazonJSの方がユーザビリティー視点から見ても優秀です。

以上を踏まえた上でご検討下さい。では早速説明に移ります。

Amazon JSの始め方

Amazon JSをインストールする

まずは、Wordpressでプラグインをインストールしていきましょう。

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

キーワード検索に「amazon js」で検索します。

「今すぐインストール」をクリックし右側写真のように「有効化」ボタンに変わったらそこをクリックします。

これでWordpressにはインストール完了です。

次Amazon JSで「アクセスキーID」「シークレットアクセスキー」を取得して設定する必要があるのでそちらの説明をしていきます。

Amazon JSの設定方法

WordPressのダッシュボード、「設定」→「AmasonJS」をクリックします。

設定画面に切り替わったら、「Amazon product Advertising APIを必要としています」と書かれている通り、APIキーを設定します。

英語での登録ですが全て無料ですのでご安心下さい。

画像の「ここから」をクリックします。

既にAmazonと提携済みの方はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)の管理画面の

ここから入る事も可能です。では、ここから英語になります。

E-mailアドレスを入力します。

  • I am a new customer(新規アカウントを作成)
    (パスワードは後で作成します)
  • I am a returning customer and my password is:(既にアカウントがある、パスワードは:

こんな感じです。当てはまる方にチェックをいれて、アカウントがある場合はパスワードを入力欄に入力。新規の場合は入れなくてOKです。

Sign in をクリックします。

新規の場合はこのような画面になります。

Registration(登録)をしていきます。名前も全て英語で入力して下さい!

①My name is: 名前
②Type it again:先ほどE-mailを入力しているので既に入っているアドレスを間違いの無いように再度入力します。
③Enter a new password: パスワードを決め、入力して下さい。
④Type it again: パスワードを間違いが無いように再入力して下さい。
⑤Create account: アカウントを作成をクリックします。

念のため全部説明しますが、*印が必須項目なのでそこは必ず入力してください。

ここからは住所の入力になりますが、分かりやすいように例えを書きます。

例:〒123-4567 東京都 新宿区 新宿 1-2-3 マグカップマンション101

①登録した名前が表示されているはずなので確認して下さい。

②Line1は地域名:ここでは新宿にしてるので
例:1-2-3, Shinjuku (番地の数字が先で、カンマ 大文字が始めで地域名)

③Line2はビル、マンション名と部屋番号:ここではマグカップマンション101
例:101 (マンション名等は英語が分かれば入れて、分からなければ部屋番号だけでOK、なければ空白でもOK)

④Cityは市区町村:例 Shinjuku-ku(市区町村の後にハイフンでku(区)やshi(市)等

⑤State Province or Regionは都道府県
例:Tokyo

⑥Zip Postal codeは郵便番号:例 123-4567

⑦Japanになってるか確認

⑧日本の国番号から「81」で電話番号の始めの0を抜きます。

090-●●●●-△△△△ → 81-90-●●●●-△△△△こうなります。

  • Company Name(会社名) Website URL(ウェブサイトURL)は空白でもOK
  • Website or Application Description:ウェブサイトやアプリケーションの説明

ここは説明があれば何でもOKなのですが、例文いくつか書いときますのでコピペで使って下さい。

①Amazon JS
②Introduction witty gadgets. 
③My website is a content site featuring ●● products, planing to retrieve product information via Product Advertising API.

①②③どれでもOKです。基本なんのサイトか分かればいいのです。

とりあえず迷ったら①入れておけばOK。②は便利グッズの紹介みたいな意味。③は固い説明で●部分に自分のサイトジャンル、IT、Music、Movie、Animeみたいな感じで。

①にチェックを入れる
②各自の画面で表示された文字を入力
③クリック

これで、Product Advertising API登録が完了です。次からは日本語後です。
あと少しです。「Manage your Account」をクリック。

ここから日本語に戻ります。「こちらのリンク」をクリックします。
 

「ルートアクセスキーの削除」をクリックします。

「セキュリティ認証情報の管理」をクリック

ポップアップウィンドウで「セキュリティ認証情報に進む」をクリック

セキュリティ認証情報内の「アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)」をクリック。

青いボタンの「新しいアクセスキーを作成」をクリック。

「アクセスキーを表示」をクリック

やっと出てきました。ここに出て来たアクセスキーIDとシークレットアクセスキーをそれぞれコピーしてWordpressのAmazonJSに貼付けていくのでウィンドウを残したまま、Wordpressへ移動します。

こちらを両方ともペーストします。

もし、Amazonアソシエイト(アフィリエイト)を提携済みの場合は下をにスクロールします。まだ登録してない方は一旦ここで保存して、下記の記事を参考に登録を進めて下さい。おいて下さい。

初心者用Amazonアソシエイト(アフィリエイト)登録方法
物販アフィリエイトの王道アマゾン。丁寧な登録方法をまとめましたので初心者でも分かりやすくやり方が確認

では登録してある方は下のAmazon.co.jpを探します。

ここにAmazonアソシエイトのトラッキングIDを入れていくので、Amazonアソシエイトに移動します。

ここのIDを−22までを含めたIDをコピーして先ほどのAmazon.co.jpに貼付けます。

最後に「変更を保存」を押して完了です。では実際に広告を貼ってみましょう。

AmazonJSを使ってWordpressでリンクを貼る方法

WordPressの投稿画面のこの部分にAmazonの「a」が追加されているのでここをクリックします。

国が日本になっている事を必ず確認してください。
ジャンルで絞ったり、キーワードを入力して商品を探していきます。

ちなみに、あんまり商品定まっていないでここでブラウジングしてると、こんなの出てくる事があります「Amazon Product Advertising APIのエラー」

「速過ぎてついてけねぇよ!もっとゆっくり見やがれ!」って怒られますので注意して下さい。

選んだら、テンプレートの選択で、スタイルを決めて下さい。

プレビューが出るので、分かりやすいとです。

「挿入」をクリックすると、こんな感じの広告になります。Wordpressのビジュアルモードでは、コードで表示されますが、プレビューで記事の確認をすれば出てきますので確認して下さい。

どうでもいいかもですが、この全身鏡自分でも使ってますが、おすすめです。

まとめ

AmazonJSは登録が面倒だなど、たまに書いてますが、この記事を見ながら進んで頂ければ10分〜15分もあれば登録出来ると思います。

ブログをせっかく運営しているのですから、しっかりとしたマネタイズが出来るようにブログを構築していく上で必要なものは面倒でも導入していきましょう。

 

 - Amazon, ASP