404エラーがSEOに与える影響とURL削除依頼の方法

   

「必要なくなった記事」や「もう公開したくない記事」をサイトで削除した際に、削除しただけで他は何もしていない〜なんて事ありませんよね?もし、サイトの記事を削除しただけで満足していた場合はちょっとこの記事を確認ください。

ウェブ上に残っている記事データを削除した方が良いケースがあるので、どのような場合にURL削除をした方がいいかなどそのやり方を説明していきます。

Photo credit: jasmeet via Visualhunt / CC BY-NC-ND

Sponsored Link

404エラーはSEOに影響を与えるのか?

まず「404エラー」が与える影響を確認しましょう。

404 エラーのほとんどは、そのサイトの Google 検索結果でのランキングに影響を及ぼすことはないため、エラーを無視しても問題はありません。このエラーの一般的な原因としては、スペルミスやサイトの設定の誤り、Google が JavaScript のような埋め込みコンテンツの中のリンクを認識してクロールしようとしてエラーが発生することもあります。

参考:サーバーが見つからないエラー404 Google search consoleヘルプ

このように「ほとんどはGoogle検索結果に影響を及ぼす事はない」と述べられています。

ネット社会が大きくなればなる程リンクが増え、このエラーを無くす事自体は非常に困難でエラーが出る事は「想定の範囲内」である事がわかります。

エラー自体はSEOに影響はないが、リスクはある

問題なのは、検索エンジンがサイト内の存在しない(多くの場合重複する)URL のクロールとインデックス登録に多くの時間を費やすことになるからです。Googlebot が存在しないページに時間を費やして、意味のある固有の URL が迅速に検出されなかったり頻繁にアクセスされなかったりするので、サイトのクロールが不十分になるおそれがあります。

クローラーはそれぞれのサイトでクローリングできる容量(バジェット)が決まっていて、余計なものをクロールする事で無駄がでるために、本来であれば集めてもらえる情報量を自ら減らしている事にもなりかねません。

「見せたくな記事が表示されないならいいじゃん?」

まぁ普通ならそう思うかもしれません。以上を踏まえて記事を削除しただけでは次のような状況が生まれる可能性があることを理解しておきましょう。

  1. 内部リンクが繋がっていた場合そのリンクも修正しなければ、クローリングバジェットの無駄遣い+ユーザエクスペリエンスを損なう
  2. サイト移転による記事移動するために削除した場合、重複コンテンツになる可能性が高い。

1はSEOで影響はないにしろ、ユーザーに嫌なイメージを植え付ける要因になります。2に関しては、コピーコンテンツと認識されSEOに多大な影響を及ぼすので充分に注意してください。

最低限やっておくべきURLを削除するの方法

ここで説明する方法はあくまでも「少量のURL削除依頼」に関する件です。ブログ閉鎖などによる大量のURL削除をしたい場合はGoogle botのアクセスを制限するなど他の方法で行って下さい。

GoogleのMatt Cutts氏も大量のURL削除依頼は推奨しておりません。

1.Google Search consoleのURL削除依頼方法

▶️Google search consoleトップ

サーチコンソール内「Googleインデックス」の「URLの削除」をクリックすると右側に「一時的に非表示にする」というボタンがあるのでそこをクリックします。

削除したいURLを入力し、続行をクリックします。

削除されるまで時間がかかりますが、少し経ってから確認すると

このようにステーテスで「削除されました」となれば完了です。

2.ブログランキングサービスのURLの削除

忘れがちなのがブログランキング等の記事削除です。こちらを削除しておかないとブログランキング側をGoogleがクロールし、インデックスするのでどうしても早く削除したいなど理由があれば削除しておきましょう。

【にほんブログ村の場合】

マイページの左側「記事管理」内の「プロフィール記事」をクリックします。

投稿月など選び、右側削除部分をチェックし、下の方にある更新をクリックします。

【人気ブログランキングの場合】

マイページ右上「登録情報を修正」をクリックします。

「記事情報の管理」をクリック

削除したい記事左側の「削除」をクリック

3.SNSのURL削除

こちらは各SNSとリンクしていた場合や手動でリンクを付けている場合は各SNSで削除してください。

まとめ

単純に記事を削除するだけでも、いろいろな影響が出てくるので、どのような影響があるかを把握し、出来る範囲は対応するべきです。特に内部リンクは忘れずに修正することをおすすめします。

 - SEO対策, Webサービス, ブログ関連